昔の日本家屋の玄関は、ほとんどが引き戸でした。カラカラ開閉する音はなんだか懐かしく感じます。時代の変化と共に欧米風のデザインの家が増えてきて、新しく家を立てるときに引き戸を採用する人は少くなくなってきました。しかし、ここ数年でまた和風のデザインが復活してきています。正確に言えば和風モダンといったジャンルで、オシャレな日本家屋が増えてきています。それに比例して引き戸の需要も高まっています。開閉は昔よりもスムーズになり、使用されているサッシやガラスもデザイン性が高くオシャレです。また昔は鍵も簡単な造りで、セキュリティ面に少し不安があったのですが、現在は頑丈な鍵が採用されていて時代に合わせた造りとなっています。自分の家を持とうとする若い世代の間でまた和風建築が注目されてきているのは良い事です。玄関は家の顔です。日本らしい家が復活しつつあります。

引き戸にはクッションを取り付けよう

引き戸は閉め方の力加減によって音がうるさく感じることがあります。立て付けがよすぎて滑らかだと、軽く閉めても大きな音が鳴ってしまうこともあります。アパートなどだと意外と響いてしまい、近所迷惑にもなりかねません。立て付けが良すぎる引き戸にはクッション材を取り付け、音が吸収されるようにしておくと安心です。テープ状のクッション材が売られているので、それを戸の長さに切って貼ります。たいてい両面テープのようになっているので手軽に貼れます。賃貸でテープあとを残したくない場合はまずマスキングテープを貼ってその上からクッションテープを貼ると、剥がしたときにあとも残りません。扉や枠の色に合わせたクッション材を使えば目立ちにくいので、インテリアの調和を壊すこともないでしょう。多少力を入れて戸を閉めても音も鳴らず響かないのでおすすめです。

省スペースにおすすめな引き戸

インテリア的にはドアのほうがおしゃれとされていますが、引き戸は省スペースにもなり優れた日本風建築と言えるでしょう。たとえばドアなら、ドアが動く範囲に物があったら邪魔になって、開けられません。なのでドアの前には家具が配置できず、無駄なスペースができてしまいます。西洋の広い建築ならそれでも可能ですが、日本のように居住空間が狭い場合、どうも窮屈になりがちです。家を建てるときにはドアにこだわらず、引き戸を上手に配置するのがおすすめです。賃貸物件を借りる際にも、同じ面積や間取りでもドアより引き戸のほうが使えるスペースが広く、家具の配置に困りません。特に賃貸はスペースも限られています。ドアのほうが何となくおしゃれだから、という理由で選ぶのではなく、スペースが実際どれくらい自由になるか、という視点で選ぶほうが良いでしょう。